預り金(社会保険料・雇用保険・所得税・住民税含む)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

預り金は以下のようなものを処理する勘定科目です。

  • 営業保証金、入札保証金等の預り金
  • 従業員等の源泉所得税、住民税、社会保険料(健康保険、厚生年金保険、雇用保険等)の預り金
  • 従業員の社内預金や身元保証金等の預り金、社内旅行積立金

いずれも一時的に預かっているだけであるため負債として処理されます。

消費税法上の課税区分

対象外(不課税)

代表的な仕訳例

  • 従業員の給与300,000円を支払う際に、源泉所得税60,000円、住民税20,000円、社会保険料15,000円(会社負担額も15,000円)を差し引いて普通預金口座より支払った。

(借)給料賃金 300,000

(貸)普通預金      205,000
(貸)源泉所得税預り金 60,000
(貸)住民税預り金   20,000
(貸)社会保険料預り金 15,000

 

  • 上記源泉所得税、住民税を現金で納付し、社会保険料は普通預金口座から引き落とされた。

(借)源泉所得税預り金 60,000
(借)住民税預り金   20,000
(借)社会保険料預り金 15,000
(借)法定福利費    15,000

(貸)普通預金 110,000

注意点

外部コンサルタントなどへの報酬の支払いの際に差し引いた源泉所得税も預り金勘定で処理します。

 

「勘定ペディア」目次に戻る

SNSでもご購読できます。

ビズバ!ではお伝えしきれない、よりタイムリーな補助金・助成金・税制などのお得な情報や、資金調達に関する裏話などを、メルマガで配信しています。 メルマガ受信ご希望の方は、メールアドレスを入力してください!

コメント

コメントを残す

*