簿記を学ぶ

「ゆうちゃんと木村パイセンの簿記講座」は日商簿記検定を楽しく学べる簿記講座です。
「勘定ペディア」は主要な勘定科目について、その意味やよくある取引とその仕訳について説明する勘定科目の百科事典です。
随時更新中です。

売掛金

内容

売掛金は通常の営業取引から生じた得意先に対する債権を表します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9

受取手形

内容

手形は法律上の分類では約束手形や為替手形に分類されますが、会計上ではそれらの分類に関わらず、手形債権を表す受取手形勘定と手形債務を表す支払手形勘定とで処理します。

受取手形は通常の営業取引によって受け取った手形のことで、固定資産や有価証券を売却した時に受け取った手形は営業取引以外で受け取った手形ですので、営業外受取手形などで処理します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2

普通預金

内容

最も一般的な預金です。いくつかの普通預金口座がある場合には、銀行名などで補助科目を設定して各口座に分けて管理すると便利でしょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
31

当座預金

内容

当座預金は、金融機関との当座契約による無利子の預金で、引き出しには小切手を用います。

通常、当座預金の残高を超えて小切手を振り出すことはできませんが、あらかじめ金融機関と当座借越契約を結んでおけば、借越限度額までの小切手を振り出すことができます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2

現金過不足

内容

金庫内の現金を集計し、帳簿残高と実際の有高が一致しなかった場合に一時的に現金過不足勘定で処理します。

一連の流れは以下の通りです。

  1. 一致しない原因を調査し、原因不明の場合には一時的に現金過不足勘定で処理する。
  2. 後日、原因が判明した時には適当な勘定に振り替える。
  3. 期末になっても原因不明の場合には雑収入勘定または雑損失勘定に振り替える。

つまり、現金過不足勘定は期中にのみ存在する勘定で、貸借対照表に計上されることはありません。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3

小口現金

内容

現金は預金とは異なり社内の金庫等に保管したり、小切手を振り出すことが多いですが、立替経費の精算など少額なものにまで金庫の開閉をしていては煩雑ですし、盗難・紛失等のリスクも高まります。

そのため、小口現金の担当者に若干の現金を前渡しし、そのような小口の経費の支払いにあてます。この前渡した現金を処理する勘定が小口現金勘定です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2

現金

内容

現金には、紙幣や硬貨といった通貨のほか、銀行などで容易に換金できる通貨代用証券が含まれます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
27

出資金

内容

株式会社以外の会社(合同会社など)や信用金庫、信用組合、協同組合、匿名組合、商工会議所などへの拠出金のことです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2

「勘定ペディア」目次

勘定ペディアは事業を行う上で使用する主な勘定科目とその説明、さらに主な取引や仕訳についての百科事典です。

随時更新中です。(さらに詳しい解説がほしい勘定科目はコメント欄にコメント下さい)

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
19