簿記を学ぶ

「ゆうちゃんと木村パイセンの簿記講座」は日商簿記検定を楽しく学べる簿記講座です。
「勘定ペディア」は主要な勘定科目について、その意味やよくある取引とその仕訳について説明する勘定科目の百科事典です。
随時更新中です。

固定資産売却益

内容

有形固定資産の売却によって生じた利益および売却の際に要した費用(売却益から控除)を処理する勘定科目です。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2

投資有価証券売却益

内容

転売以外の目的で取得した有価証券の売却によって生じた利益および売却の際に要した費用(売却益から控除)を処理する勘定科目です。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

前期損益修正損

内容

過年度の財務諸表を修正することで生じる損失を処理する勘定科目です。

  続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

固定資産売却損

内容

固定資産の売却によって生じた損失および売却の際に要した費用を処理する勘定科目です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2

その他の預金

内容

当座預金普通預金定期預金以外の預金(通知預金や金銭信託など)がある場合には、その他の預金として一括で表示しても良いでしょう(もちろん、通知預金などの勘定科目を設定しても構いません)。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

投資有価証券売却損

内容

転売以外の目的で取得した有価証券の売却によって生じた損失および売却の際に要した費用を処理する勘定科目です。

 

消費税法上の課税区分

対象外(不課税)(消費税は売却損自体ではなく、 売却代金にかかる)

 

代表的な仕訳例

  • 帳簿価額1,000,000の投資有価証券を900,000円で売却し、売却代金は普通預金口座に振り込まれた。

(借)普通預金      900,000
(借)投資有価証券売却損 100,000

(貸)投資有価証券 1,000,000

 

注意点

投資有価証券の譲渡をした場合は、原則として約定日(取引日)において会計処理します。

なお、売買目的有価証券の売却損は有価証券売却損勘定で処理します。

「勘定ペディア」目次に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

法人税等調整額

内容

税効果会計を適用した場合に法人税等(法人税、住民税及び事業税)の加減算を目的に設定された勘定科目です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3

新株予約権

内容

新株予約権を有する者が権利を行使した時に、会社が新株予約権者に対し新株を発行(または、会社が保有している自己株式を移転)する義務を負うものを言います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

土地再評価差額金

内容

「土地の再評価に関する法律」に基づき、大会社等の一定の会社が、事業用土地について帳簿価額を改定することにより計上されたものです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

定期預金

内容

一定期間引き出すことのできない預金です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1