ビジネスハック

「ビジネスハック」カテゴリーでは、法人税、所得税、消費税以外の税金、会計実務やビジネスに関するちょっとしたTIPS、その他生活の質を向上させる記事を掲載いたします。

取扱注意!ほんとは怖いマイナンバーの話

 

マイナンバー

いやおうなく高まるマイナンバー制度への注目

日本年金機構のコンピュータがウイルスに感染したことによって、個人情報が流出したことが明らかとなり、マイナンバー制度移行に対する懸念が高まっているようです。

ビズバ!では以前「超速報!マイナンバー制開始で200万の罰金の可能性も!」にて、いち早く法人向けのマイナンバー制度について解説いたしましたが、ここで一度マイナンバー制度について個人向けの情報をまとめておいた方が良いと判断し、緊急に書き下ろします。

行政には情報セキュリティ管理、教育を徹底してもらいたいものですが、私たちは私たちでマイナンバー制度についてしっかり理解し、あわてることの無いよう準備しておきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3

私の住民税はいくら?住民税の計算方法と納付方法

 

住民税

住民税とは

一般的に、「都道府県民税」と「市区町村民税」との2つを総称して住民税と呼びます。

なお、地方自治体からの行政サービスは、個人だけではなく法人も同じように享受しますので、住民税は個人、法人どちらも対象です。
個人に課されるものは「個人住民税」、会社等の法人に課されるものは「法人住民税」と呼ばれていますが、本稿では、個人住民税にフォーカスして説明をしていきますので、以下、単に「住民税」と言った場合には、個人住民税を指します。

住民税は、1月1日に住所がある自治体(都道府県や市区町村)に収める税金で、前年の1月1日から12月31日までの1年間の所得に対して課税される「所得割」と、所得金額にかかわらず定額で課税される「均等割」があります。

前年の所得に対して課税される点について、サラリーマンの方はあまり気にする必要はないかもしれませんが、毎年収入の変動する個人事業主だと少し注意が必要です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

経理部員必見!困った時に頼れる会計サイト14選+α

経理担当者必見サイト

この時期は会計業界は繁忙期ですので、経理部員の方は調べものをする機会も増えると思います。
ビズバ!でも勘定ペディアをはじめ、経理担当の方に役立ててもらいたいコンテンツを用意していますが、もっと詳しく知りたい、もっとマニアックな論点を知りたいという方も多いと思います。

そこで、今回は経理部員の方が知っておくと便利な会計サイト14選(+α)をお送りしたいと思います。 これらのサイトの力も借りながら、みんなで繁忙期を乗り切りましょう!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

端午の節句のお祝いを贈与税非課税でする方法

鯉のぼり

端午の節句のプレゼントにも贈与税はかかるんです

桜も散って、気がつけばもう5月。5月といえばゴールデンウィークですよね。皆さん予定はいかがですか?
ビズバ!をご覧になっている方の中には「ゴールデンウィーク?なにそれ?」っていう経理担当者、税理士、公認会計士の方も多いと思いますが…(5月は会計業界の繁忙期なのです)。

ところで、ゴールデンウィークの各祝日、皆さんは覚えていらっしゃいますか?
4月29日が昭和の日、5月3日が憲法記念日、5月4日がみどりの日、そして5月5日がこどもの日(端午の節句)ですね。
他の日はあやふやだけど、5月5日の端午の節句だけは覚えているって人も多いのではないでしょうか?

お子さんやお孫さんがお生まれになっていれば、祝日にかこつけて我が子、我が孫にプレゼントでも贈りたいと思ってらっしゃる方も多いと思います。

そこで、今回は、税金のかからない贈り物についてご説明します。
え?プレゼントにも税金がかかるのって思ったあなた。はい。そうなんです。税金がかかるんですよ。その名も贈与税といいます。

今回はこの贈与税について詳しく解説していきます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

減価償却から資産除去債務まで。固定資産会計詳解!

固定資産会計

意外と大変な固定資産会計

事業をしていると、その事業の拡大や業務の効率化にどうしても設備の導入や資産の購入といった事態が発生します。この将来的な収益の発生(=収益性)を期待されて導入された「設備」や「資産」を押しなべて「固定資産」と呼びます。

ひとくちに「固定資産とは言ってもモノによってはかなり大規模なものもあるわけですからその導入・取得にあたっては経営計画とマッチしているかどうか、資金繰りは大丈夫かなど経営面や財務面からの検討が必要になります。
さらには経理実務処理の観点からしても、パソコンの1、2台であれば大したことはありませんが、巨大な工場設備やプラント設備、大規模施設等になれば、その導入時の膨大な請求書の内訳や見積書の明細をいじって資産分解をして、「これはこの資産に直接組み込む金額、これは全体に配賦する金額…」と分解するのも一苦労です。

このように導入時には多くの部門に労力をかけさせる「固定資産」、中でも今回は経理部門や固定資産の管理部門のようなセクションで業務にあたっている方のための論点をフォーカスして、一般に導入時にかなりの作業ボリュームになって負担感が増しがちなポイントを少しでも軽くすることができるように整理してみたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5

超速報!マイナンバー制開始で200万の罰金の可能性も!

マイナちゃん

200万の罰金の可能性あり!

いよいよ平成27年10月より全国民に対してマイナンバーが付与されます。
実はこのマイナンバー制度を企業が正しく運用しなかった場合に200万円の罰金を科せられる可能性があるのです!

本日はそうならないための対策を、ある企業で人事を担当している専務さんと一緒に確認していきましょう。

※個人向けのマイナンバーについては取扱注意!ほんとは怖いマイナンバーの話をご覧ください。

マイナンバー記事に興味がある人は、下記の記事もぜひ御参照ください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

経営のための地図持ってますか?CVP分析を極める!

地図

CVP分析ってなんだ?!

皆さんはCVP分析、または損益分岐点分析という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

実はこのCVP分析、経営上、目標達成のための地図とでもいえる管理・分析手法なんです。
本稿では、このCVP分析を徹底的に解説し、皆さんにも是非この経営のための地図を使いこなして頂きたいと思います!

これまでCVP分析をかじったことのある方の中には、グラフや数式が出てきて苦手意識がある方もいらっしゃるかもしれませんが、本稿では徹底的にわかりやすく解説いたしますので、安心して読み進めてください。

もちろん、初めてCVP分析という言葉を聞いた方にもわかりやすく説明していますので、是非この機会にCVP分析をマスターして、ご自身の経営に役立ててくださいね。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1