資金調達

「その他の資金調達」カテゴリーでは、日本政策金融公庫からの融資、制度融資以外の資金調達に関する記事を掲載します。

平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」(ものづくり補助金)公募始まる!

ものづくり補助金公募開始

国の施策として行う補助金の中でも取り分け補助金額が大きいことで有名な「ものづくり補助金」の公募が11月14日より開始されました。

今回のものづくり補助金は、大きく3種類のコース(事業類型)が用意されており、①第4次産業革命型、②一般型、③小規模型となっています。
補助上限額はそれぞれ①3,000万円、②1,000万円、③500万円、補助率はどれも2/3以内です。

今回はこの「ものづくり補助金」の概要と審査項目について説明していきたいと思います!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【平成28年度第2次補正予算】小規模事業者持続化補助金の公募受付始まる!

【平成28年度第2次補正予算】小規模事業者持続化補助金の公募受付始まる!

小規模事業者向けの補助金としてメジャーな小規模事業者持続化補助金(以下、持続化補助金)の公募受付が11月4日より開始されました。

この補助金は、経営計画に基づいて行う販路開拓の取り組みに対して原則50万円(補助率2/3)を上限に支給されるものです。

さらに、従業員の賃金を引き上げる取り組みを行う事業者や、雇用を増加させる取り組みを行う事業者等については、一定の条件を満たすことで補助金の金額の上限が100万円まで引き上げられます

なお、今回の持続化補助金は大きく3種類に分かれており、全国の事業者を対象とした①一般型、熊本地震の影響を受けた事業者を対象とした②熊本地震対策型、今年発生した大型台風(7号、9号、10号、11号)の影響を受けた岩手県宮古市、久慈市の事業者を対象とした③台風激甚災害対策型があります。

本稿では、主に①一般型の内容について確認していきたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

28年度第2次補正予算ものづくり補助金の事前予告開始!経営力向上計画認定の準備を始めよう!

28年度第2次補正予算ものづくり補助金の事前予告開始!経営力向上計画認定の準備を始めよう!

先日(2016年9月13日)、平成28年度の2次補正予算の成立を前提とした、「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援事業」(通称、ものづくり補助金)の事務局募集が始まりました。

今回のお知らせは事務局募集ですが、いつも通り、補助金の事前予告も併せて行われていますので、今回はその内容を簡単に見ていきたいと思います。

是非参考にしていただいて、補助金獲得の準備を進めていってください!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

中小企業投資育成株式会社について、言えずにいたことを告白します。

中小企業投資育成株式会社について言えずにいたことを告白します。

前回、「中小企業投資育成株式会社を活用して、安定株主と安定資金を獲得しよう!」と題して、中小企業投資育成株式会社からの投資を受け入れることによって、安定資金の調達、安定株主の確保、従業員の士気向上、取引先との関係改善など様々なメリットがあることを紹介させていただきました。

お陰様で多くの方にお読み頂けたようですが、とある読者の方から「事業承継にも有効ってことは書かないんですか?」とご質問いただきました。

 

事業承継…。はい。そうなんです。実は、中小企業投資育成株式会社から出資を受けることで、事業承継もスムーズに行えるんです。

じゃあ、なぜそのことについて書かなかったかについては、本稿をお読みいただいて、大人な読者の皆様にはご理解いただきたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

中小企業投資育成株式会社を活用して、安定株主と安定資金を獲得しよう!

中小企業投資育成株式会社を活用して、安定株主と安定資金を獲得しよう!

皆さんは「中小企業投資育成株式会社」という存在はご存知でしょうか?

もしかすると、あまり馴染みがないかもしれませんが、実は自己資本の調達や資本構成の見直しを考えている中小企業にとってとても心強い存在なのです。

今回は、この中小企業投資育成株式会社について解説いたします!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

小規模事業者持続化補助金の公募要領が発表されました!

平成27年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

 

本日(2016年2月26日)、ついに小規模事業者持続化補助金の公募要領が発表されました。

この補助金は、少ない従業員で事業をしている小規模な事業者に対し、原則として50万円を上限にその販路開拓等のための費用を補助するものです。

今年からは販路開拓だけではなく、販路開拓とあわせて行う業務効率化に対しても補助がなされるようになりました。

そのため、業務効率化を目的とした店舗改装や会計ソフトの購入にも補助金がでます!

本稿では、新しくなった小規模事業者持続化補助金の概要を説明したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

27年度ものづくり補助金公募要領が発表!去年との違いは?

ものづくり補助金

先日(2016年2月5日)ついに、平成27年度補正「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金(以下、ものづくり補助金)」の公募要領が発表されました。

毎年、多くの企業が採択を勝ち取っている、この補助金。今年こそはと狙っている方も多いのでは?

そこで今回は、この平成27年度補正予算のものづくり補助金と、去年26年度のものづくり補助金の公募要領を比べて、変更された部分を解説していきたいと思います。

去年からのリベンジ組は、是非本稿を参考に採択を勝ち取ってください!

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ものづくり補助金で採択を勝ち取るためのチェックポイント10個!とオマケ(省エネ設備導入補助金)

ものづくり補助金

1月20日、平成27年度補正予算が参院本会議で可決・成立し、補助金周りがあわただしくなってきました。

経済産業省から公表された「平成27年度補正予算の概要」には38枚のスライドでさまざまな事業が紹介されています。

そのほとんどが、何らかの補助金をもらえるものですので、ご自身の事業で申請できそうなものがないか、必ず一度は目を通しておくことをお勧めします。

 

今回は、その中でも注目度の高い「ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金)」と「省エネ設備導入補助金(中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業)」について、ご説明いたします。

ものづくり補助金については、この記事が簡単なチェックシートの役割も果たすと思いますので、採択可能性を評価するのにお役立てください。

また、省エネ設備導入補助金は、補助金といっても助成金のような性格があり、要件を満たせばほぼ100%補助されるというものです。

(補助金と助成金の違いについては「平成27年度補正予算「ものづくり補助金」事前予告公表!」をご覧ください)

どちらもとってもお得な補助金ですので、お見逃しのないように!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

平成27年度補正予算「ものづくり補助金」事前予告公表!

平成27年度補正予算ものづくり補助金

皆様、あけましておめでとうございます。今年もビズバ!をよろしくお願いいたします。

さて、今回は昨年末より話題になっている、平成27年度補正予算ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金)についての説明をしてみたいと思います。

そもそも補助金って何?という方にもできるだけわかりやすく説明していきますので、是非ご参考にしてください!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2

クラウドファンディングの5つの機能とその税金を徹底解説!

クラウドファンディング

クラウドファンディングとは

皆さんは、「クラウドファンディング」という新しい資金調達方法をご存知でしょうか?

クラウドファンディングというのは、「不特定多数の人がインターネット経由で、他の人たちや組織に資金の提供や協力などをすること」と定義されるようです。
クラウド(crowd)つまり「群衆」から資金調達するという意味ですね。
そして、このクラウドファンディングを運営している事業体を「クラウドファンディング・プラットフォーム」と呼んだりします。

では、このクラウドファンディングがこれまでの資金調達方法と違う点はどこなのでしょうか?

本稿では、クラウドファンディングの5つの機能の説明と税務上の注意点を解説することで、クラウドファンディングの実態に迫っていきたいと思います。

  続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3