小規模事業者は必ず検討!マル経融資の利用条件と利用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小規模事業者は必ず検討!マル経融資の利用条件と利用方法

マル経融資」という制度をご存知でしょうか?

マル経融資とは正式名称を「小規模事業者経営改善資金融資」と言い、商工会議所や商工会など(以下、商工会議所等)から経営指導を受けている小規模事業者の方が、無担保・無保証人で日本政策金融公庫から融資を受けられる制度です。

以前に比べ、融資対象者、融資額ともに拡充され、非常に使いやすくなっています。金利も低く魅力的です。

今回はこのマル経融資について、利用条件と利用方法について説明したいと思います。小規模事業者の方にとって、最初に検討すべき融資制度だといえますので、是非ご参考にしてください。

マル経融資の対象者

マル経融資の対象者は、以下のすべての要件を満たす方です。

  1. 常時使用する従業員が20人以下(宿泊業と娯楽業を除く商業・サービス業は5人以下)の法人・個人事業主
  2. 商工会議所の経営・金融指導を原則6ヶ月以上受けて事業改善に取り組んでいる
  3. 最近1年以上、同一会議所の地区内で事業を行っている
  4. 日本政策金融公庫の融資対象業種を営んでいる
  5. 税金(所得税、法人税、事業税、住民税)を完納している

注意すべきは1.と2.の条件です。

1.は、マル経融資が小規模事業者を対象としている融資制度であるため、従業員数の上限を設けています。特にサービス業の場合は5人以下となっていますので注意してください。

また、2.はマル経融資の特徴的な点でもあります。

経営内容が不安定かつ、担保・信用力が乏しい小規模事業者は融資を受けようと思っても容易ではありません。

小規模事業者における担保や信用力の向上には限界がありますので、経営の安定化のため商工会議所等が経営指導を行い、商工会議所等の推薦をもって日本政策金融公庫から融資を受けるというスキームとなっています。そのため、マル経融資を受けようと思う方は必ず商工会議所等の指導を受けなければなりません。

なお、融資制度のスキームを図示すると以下の通りです。

マル経融資のスキーム図-中小企業庁資料より

マル経融資のスキーム図-中小企業庁資料より

 

マル経融資の融資条件

主な融資条件は以下の通りです。

貸付限度額;2,000万円

返済期間;運転資金7年以内(据置期間 1年以内)、設備資金10年以内(据置期間 2年以内)

担保・保証人;不要

年利;特利F(2016年8月23日現在は1.30%。金融情勢により変動します)

それぞれ、以下のようなものを言います。
運転資金;仕入資金、掛金・手形決済資金、給与・ボーナスの支払い、諸経費等の支払いなど

設備資金;店舗・工場改装、営業車両購入、機械・設備・什器等の購入など

担保・保証人はもちろん保証協会の保証も不要ですし、利率も優遇されているため、小規模事業者にとってはかなり魅力的な制度となっています。

 

マル経融資を利用するには

では、このマル経融資を利用するにはどのようにすればよいのでしょうか。

マル経融資は商工会議所等の経営指導を原則として6ヶ月間受けることが前提となっていますので、商工会議所もしくは商工会の会員となっていない方は、速やかに入会手続を行い、マル経融資を受けたいので経営指導を希望する旨を伝えましょう。

上のスキーム図にもある通り、マル経融資には商工会議所等の審査と日本政策金融公庫の審査という2つの審査がありますので、時間的に余裕をもって融資申込をする必要があります。

商工会議所等から経営指導を受けている段階で、以下のような審査に必要な資料を徐々に集め始めます

法人の場合の必要資料

  • 前期・前々期の決算書および確定申告書
  • 決算後6ヶ月以上経過の場合は最近の残高試算表
  • 法人税・事業税・法人住民税の領収書または納税証明書
  • 商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
  • 見積書・カタログ等(設備資金の申込みの場合)

個人事業主の場合の必要書類

  • 前年・前々年の決算書(または収支内訳書)および確定申告書
  • 所得税・事業税・住民税の領収書または納税証明書
  • 見積書・カタログ等(設備資金の申込みの場合)

場合によっては上記以外の書類が必要となることもありますので、経営指導をしてくれている商工会議所等の経営指導員に必要書類を確認しましょう。

そして、マル経融資のための商工会議所等の推薦依頼は、資金が必要となる時の遅くとも1ヶ月前にしておきます。経営指導の進捗状況にもよりますが、資金が必要となるタイミングが予めわかっているのなら、経営指導員に伝えておきましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

マル経融資は無担保・無保証人かつ低金利の、他に類を見ない融資制度です。融資対象者に該当する場合には、このマル経融資の利用を検討することを強くお勧めします。

 

資金調達のお悩みは、会計事務所シンシアにお任せください!

「勘定あって銭足らず」と言われるように、利益があがっていても、資金繰りに窮することは往々にあります。

会社は赤字ではなく、資金ショートにより倒産するのですから、財務戦略・資金調達は企業の成長段階のどのステージにおいても重要な課題です。
特に、資金調達は失敗してしまうと取り返しのつかない状況に追い込まれてしまいます。

資金不足は業績が好調であっても不振であっても起こり得ますので、その原因を正しく認識し、調達方法、調達金額、調達コスト等を総合的に勘案し、対策しなければなりません。

ビズバ!を運営する会計事務所シンシアでは、経済産業大臣より認定を受けた経営革新等支援機関として、提携銀行、提携投資機関との連携を図りながら、経験豊富なスタッフが、御社にとって最も適した資金調達方法を提案しサポートします。

報酬は完全成功報酬ですので、ご安心してご相談ください。


資金調達のご相談はこちら

SNSでもご購読できます。

ビズバ!ではお伝えしきれない、よりタイムリーな補助金・助成金・税制などのお得な情報や、資金調達に関する裏話などを、メルマガで配信しています。 メルマガ受信ご希望の方は、メールアドレスを入力してください!

コメント

コメントを残す

*