現金過不足

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

金庫内の現金を集計し、帳簿残高と実際の有高が一致しなかった場合に一時的に現金過不足勘定で処理します。

一連の流れは以下の通りです。

  1. 一致しない原因を調査し、原因不明の場合には一時的に現金過不足勘定で処理する。
  2. 後日、原因が判明した時には適当な勘定に振り替える。
  3. 期末になっても原因不明の場合には雑収入勘定または雑損失勘定に振り替える。

つまり、現金過不足勘定は期中にのみ存在する勘定で、貸借対照表に計上されることはありません。

消費税法上の課税区分

対象外(不課税)

代表的な仕訳例

  • 現金の帳簿残高と手許残高を照合したところ、3,000円不足していた。

(借)現金過不足 3,000

(貸)現金 3,000

 

  • その後、原因調査の結果、旅費交通費の記帳漏れであることが判明した。

(借)旅費交通費 3,000

(貸)現金過不足 3,000

  • その後、原因調査を実施したが、会計期末まで判明しなかった。

(借)雑損失 3,000

(貸)現金過不足 3,000

 

注意点

仕訳例の通り、現金過不足勘定は期中にのみ存在する勘定で、貸借対照表に計上されることはありません。

「勘定ペディア」目次に戻る

SNSでもご購読できます。

ビズバ!ではお伝えしきれない、よりタイムリーな補助金・助成金・税制などのお得な情報や、資金調達に関する裏話などを、メルマガで配信しています。 メルマガ受信ご希望の方は、メールアドレスを入力してください!

コメント

コメントを残す

*