販売手数料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

販売手数料とは、商品・製品やサービスの販売に関して、あらかじめ定められた契約等にもとづいて(つまり、販売という結果に対して)、取引数量または金額などに応じて、代理店などの販売受託者、仲介人などへ支払う手数料・仲介料等を管理するための勘定科目をいいます。

 

消費税法上の課税区分

課税

代表的な仕訳例

  • 代理店A社に契約書に基づき販売手数料800,000円を支払った。

(借)販売手数料 800,000

(貸)普通預金 800,000

 

注意点

販売手数料は、交際費との区分が難しく、処理する上で注意が必要となります。

紹介料・販売手数料・情報提供料などは、法人として事業遂行上必要なものであれば当然に税務上の損金として認められるべきですが、場合によっては税務上の交際費等と認定され、税負担が生じる可能性があります。

販売手数料と処理する上での判断基準は次のとおりです。

  1. 製品・商品の販売やサービスの提供に対して、
  2. 通常自社の社員でない者でその販売や仲介を業として請け負う者(いわゆる代理店及びその代理店の販売員または外交員)に、
  3. あらかじめ成された契約に基づいて支払われた、
  4. 社会通念上妥当な額の費用

であること。

 (参考)国税庁HP

交際費等の範囲

「勘定ペディア」目次に戻る

SNSでもご購読できます。

ビズバ!ではお伝えしきれない、よりタイムリーな補助金・助成金・税制などのお得な情報や、資金調達に関する裏話などを、メルマガで配信しています。 メルマガ受信ご希望の方は、メールアドレスを入力してください!

コメント

コメントを残す

*