事業主借

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

個人で事業を行っている場合に、事業主からの借入れを処理する勘定科目です。そのため、法人では使用しない勘定科目です。

プライベートの資金を事業に使った場合や、立替払いしたような場合には事業主からの借入れとして扱われ、事業主借勘定で処理します。

通常は翌年度に事業主貸勘定と相殺した上で、元入金勘定を増減させます。

消費税法上の課税区分

対象外(不課税)

代表的な仕訳例

  • プライベートな資金から現金で事業用の消耗品30,000を購入した。

(借)備品・消耗品費 30,000

(貸)事業主借 300,000

 

  • 期首において事業主借勘定600,000円が残高として残っていたので元入金と相殺した。

(借)事業主借 600,000

(貸)元入金 600,000

注意点

期首の元入金は以下の計算式により残高が確定します。
元入金=前年度の元入金+青色申告特別控除前の所得金額+事業主借-事業主貸

個人事業主の場合、収入・費用について事業用かプライベートなものかを区別することが必要です。
また、その際に事業用とプライベート用で銀行口座を分けておくと管理がしやすいです。

「勘定ペディア」目次に戻る