会議費

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

取引先との商談や社内での打ち合わせなど、業務に関連する会議や打ち合わせなどを行うときにかかる費用のことをいいます。

 具体的には、会議に際して、社内または通常会議を行う場所において、通常供与される昼食の程度を超えない飲食物等の接待に要する費用がこれに該当します。
一般的に、次のような支払いを会議費として処理します。

・会議に伴う茶菓
・弁当・コーヒー・お茶などの飲食費用
・会場利用料・貸し会議室の費用
・喫茶店費用
・会議資料代 など

消費税法上の課税区分

課税

代表的な仕訳例

  • 会議のために飲み物を購入し、3,000円支払った。

(借)会議費 3,000

(貸)現金 3,000

 

注意点

会議費は特に交際費との区別が困難な場合があるため、会計処理を行う上ではご注意ください。

 

措置法通達より

(会議に関連して通常要する費用の例示)

61の4(1)-21 会議に際して社内又は通常会議を行う場所において通常供与される昼食の程度を超えない飲食物等の接待に要する費用は、原則として措置法令第37条の5第2項第2号に規定する「会議に関連して、茶菓、弁当その他これらに類する飲食物を供与するために通常要する費用」に該当するものとする。(昭54年直法2-31「十九」、平6年課法2-5「三十一」、平19年課法2-3「三十七」により改正)

(注)

1 会議には、来客との商談、打合せ等が含まれる。

2 本文の取扱いは、その1人当たりの費用の金額が措置法令第37条の5第1項に定める金額を超える場合であっても、適用があることに留意する。

 

 なお、交際費については「もう迷わない。30分で交際費課税を極める!」もご覧ください。

 

「勘定ペディア」目次に戻る

SNSでもご購読できます。

ビズバ!ではお伝えしきれない、よりタイムリーな補助金・助成金・税制などのお得な情報や、資金調達に関する裏話などを、メルマガで配信しています。 メルマガ受信ご希望の方は、メールアドレスを入力してください!

コメント

コメントを残す

*