買掛金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

買掛金とは、仕入先との通常の取引に基づいて発生した営業上の未払金を言います。

「通常の取引」というのは、自社の事業目的のための営業活動において、経常的に、または短期的に循環して発生する取引を言います。
なお、通常の取引に基づいて発生した役務の提供による営業上の未払金を含ませることができます。

仕入先毎に補助科目を設定しておけば、債務の管理が容易になります。

 

消費税法上の課税区分

対象外(不課税)

代表的な仕訳例

  • 仕入先より商品を1,000,000円仕入れ、代金は掛けとした。

(借)仕入 1,000,000

(貸)買掛金 1,000,000

 

  • 上記仕入のうち、100,000を返品した。

(借)買掛金 100,000

(貸)仕入 100,000

 

  • その後、買掛金900,000円を現金で支払った。

(借)買掛金 900,000

(貸)現金 900,000

注意点

買掛金は代金の支払い期間が1年以上となるものであっても、流動負債の部に計上します。
これは、買掛金の支払いは1年以上でも通常の営業サイクル内にあると判断されるためです(正常営業循環基準)。

「勘定ペディア」目次に戻る

SNSでもご購読できます。

ビズバ!ではお伝えしきれない、よりタイムリーな補助金・助成金・税制などのお得な情報や、資金調達に関する裏話などを、メルマガで配信しています。 メルマガ受信ご希望の方は、メールアドレスを入力してください!

コメント

コメントを残す

*