「勘定ペディア」目次

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勘定ペディアは事業を行う上で使用する主な勘定科目とその説明、さらに主な取引や仕訳についての百科事典です。

随時更新中です。(さらに詳しい解説がほしい勘定科目はコメント欄にコメント下さい)

貸借対照表

資産

流動資産

現金

小口現金

現金過不足

当座預金

普通預金

定期預金

その他の預金

受取手形

売掛金

貸倒引当金

有価証券

商品

材料

仕掛品

製品

貯蔵品

前渡金(前払金)

立替金

短期貸付金

未収入金

未収収益

前払費用

仮払金

仮払消費税

繰延税金資産(流動)

固定資産

有形固定資産

建物

附属設備

構築物

機械装置

車両運搬具

工具器具備品

減価償却費累計額

一括償却資産

土地

無形固定資産

電話加入権

ソフトウェア

投資その他の資産

投資有価証券

出資金

保険積立金

長期貸付金

長期前払費用

差入保証金(敷金・預託金)

繰延税金資産(固定)

繰延資産

創立費

開業費

事業主貸

負債

流動負債

支払手形

買掛金

短期借入金

未払金

未払費用

未払法人税等

商品券

前受金

預り金(社会保険料・雇用保険・所得税・住民税含む)

仮受金

仮受消費税

前受収益

繰延税金負債(流動)

預り保証金

未払消費税

固定負債

長期借入金

繰延税金負債(固定)

事業主借

純資産

資本金

元入金

資本剰余金

資本準備金

その他の資本剰余金

利益剰余金

利益準備金

任意積立金(別途積立金)

繰越利益剰余金

評価・換算差額等

その他有価証券評価差額金

土地再評価差額金

新株予約権

新株予約権

 
損益計算書

売上高

売上高

売上値引・返品

売上原価

期首商品棚卸高

期首製品棚卸高

仕入高

仕入値引・返品

期末商品棚卸高

期末製品棚卸高

販売費及び一般管理費

役員報酬

給料賃金(住宅手当・残業手当含む)

賞与

雑給

退職給与

法定福利費

採用教育費

貸倒引当金繰入額

退職給付引当金繰入額

賃借料

広告宣伝費

旅費交通費(通勤手当含む)

接待交際費

業務委託料

支払手数料

支払報酬

租税公課

荷造運賃

水道光熱費

通信費

地代家賃

保険料

修繕費

備品・消耗品費

新聞図書費

リース料

会議費

外注費

取材費

福利厚生費

減価償却費

研究開発費

貸倒損失

車両費

繰延資産償却

寄附金

諸会費

販売促進費

販売手数料

雑費

営業外収益

仕入割引

受取利息

受取配当金

貸倒引当金戻入額

有価証券評価益

有価証券売却益

雑収入(雑益)

営業外費用

売上割引

手形売却損

支払利息(割引料)

有価証券売却損

雑損失

特別利益

前期損益修正益

固定資産売却益

投資有価証券売却益

特別損失

前期損益修正損

固定資産売却損

投資有価証券売却損

当期純損益

法人税等

法人税等調整額

 

おまけ-勘定科目と仕訳のお話

個人事業主にとっても会社の経営者にとっても、なかなか馴染めず、判断に迷うのが勘定科目の分類なのでは無いでしょうか。

実は、税務申告上は勘定科目の分類にあまり神経質になる必要はないのですが(税務署にとって会議費であろうと取材費であろうと、どちらも費用に変わりはないため、税金の徴収額も変わりません。したがって、どっちでもいいと言うと語弊がありますが、大目に見ますよというわけです)、会計データは税務申告だけでなく経営判断にも使われますので、勘定科目を正確に分類することはその点で重要です。

例えば、取材費が膨らんでいると思い、情報提供者へフィーの減額要求をしたところ、実は多額の新聞図書費が取材費に計上されていたということでは、誤った経営判断をしてしまいます。

この場合、取材費の中に新聞図書費が紛れ込んでいたことが原因で、本当なら新聞図書費を削減する施策が必要だったわけですが、情報提供者へのフィー減額要求といった誤った判断をしてしまったことになります。

そこで、ビズバ!では「勘定ペディア」にて、主要な勘定科目について、内容、消費税法上の課税区分、代表的な仕訳例と注意点を勘定科目別に説明いたします。

もし、勘定ペディアの中に適切な勘定科目がない場合は、ご自身でわかりやすく簡素な勘定科目を作って、そこに同じ性質の取引を集めてください。
そう、勘定科目は自分で分かりやすいものを設定してもいいのです。
どういった勘定科目を設定するかは各法人、各事業主に任されていますので、勘定科目名は簡素でわかりやすければ何でもOKです。

後で見たときに、「これは書籍の購入代金だな」とか「これは配当で受け取ったものだな」とわかることが重要ということです。
間違っても「よくわかんないけど取材費っぽいから、取材費に入れておこう」としてはだめですよ。
それでは経営判断に役立たなくなってしまいます。

勘定科目の分類

せっかく勘定科目を調べるのですから、ついでに勘定科目の大まかな分類も見ていってください。

法人や事業主の行う営業活動を「取引」と言いますが、取引は下の図のように、資産、負債、純資産、費用、収益の5つに分類されて記帳されます。
「記帳」というのは、取引を記しておくことで、具体的には複式簿記という手法を使って、仕訳を計上するということです。

PL-BS

そして、資産、負債、純資産は貸借対照表(英語名のBalance Sheetを略して、B/Sと呼ばれることもあります)に、費用、収益は損益計算書(英語名のProfit and Loss Statementを略して、P/Lと呼ばれることもあります)に集められるというルールがあります。

さらに、先ほどの図を見てもらえればわかると思いますが、資産と費用は左側(「借方」といいます)に、負債、純資産、収益は右側(「貸方」といいます)に計上するというルールがあります。

まとめると以下のようになります。

分類 集められる財務諸表 借方/貸方
資産 貸借対照表(B/S) 借方(左側)
負債 貸借対照表(B/S) 貸方(右側)
純資産 貸借対照表(B/S) 貸方(右側)
費用 損益計算書(P/L) 借方(左側)
収益 損益計算書(P/L) 貸方(右側)

 

借方/貸方については、「資産と費用は左側(他は右側)」と覚えればいいと思いますが、ここが皆さん覚えにくい原因になっているようですね。

というのも、経営者、事業主の方たちにとって、費用は経営にとってマイナスの影響があるもの、資産は経営にとってプラスの影響があるものという意識があり、「なぜマイナスのものとプラスのものが同じ左側に計上されるのか?」という違和感があるからだと思います。

ですが、実は簿記上、費用と資産には深い関連性があるのです。

そのためには、仕訳についての説明が必要です。
(勘定科目の説明からどんどん遠ざかって行っている気がしますが、仕訳の知識があれば勘定科目についてもより良く理解できますので、もう少し辛抱してください…)

 

仕訳について

さて、法人や事業主の行う営業活動である取引は、資産、負債、純資産、費用、収益の5つに分類され、仕訳によって記帳されるのでしたね。

そして会計では、取引は必ず①二面性を持って捉えられ、それにより②仕訳は借方(左側)と貸方(右側)両方に計上されます。さらに、計上された仕訳は③借方に計上される金額と貸方に計上される金額が一致するという特徴があります。

文章だけでは難しいと思いますので、簡単な例で確認してみましょう。

 (例1)商品を販売し、現金1,000円を受け取った場合

まずは①の取引を二面から捉えるという部分ですが、この例では

ア)商品の販売により、売上が1,000円計上された
イ)商品の販売により、現金を1,000円受け取った

という2つの側面があります。 1つの取引を二面で捉えるというのはこういうことです。
そして、取引を二面性で捉えることができたら次に仕訳を計上します。

この場合、「売上」という収益と、「現金」という資産が計上されますが、資産である現金は借方(左側)へ、収益である売上は貸方(右側)へ計上します。

資産がどちら側だったか、収益がどちら側だったか忘れてしまった方は、上の表を確認してくださいね。

仕訳はこのようになります。

(借方)現金    1,000円   (貸方)売上    1,000円

これで②の仕訳は借方と貸方両方に計上される、さらに③の借方に計上される金額と貸方に計上される金額が一致するというルールを満たしますね。

 

では、次の例はどうでしょう?

(例2)打ち合わせのため、タクシーで取引先へ向かい、タクシー代720円は現金で支払った

まずは取引の二面性をとらえます。

この場合、

ウ)タクシー代として、旅費交通費が720円計上された
エ)タクシー代として、現金720円を支払った

となります(二面性の捉え方はある程度慣れが必要ですが、仕訳の借方と貸方が同じ金額になるように捉えるのがコツです)。

 では、仕訳はどうなるでしょう。旅費交通費は費用ですので、借方(左側)に計上されます。
一方、現金は資産なので、これも借方(左側)かと思うかもしれませんが、それは間違いです。

 実は、上の表で借方/貸方のどちらに計上するかというのは、その勘定が増えた場合を表しています。
勘定が減少したときには、その逆側に計上します。
この場合、現金を支払い資産が減少したわけですから、現金を貸方(右側)に計上します。

仕訳はこのようになります。

(借方)旅費交通費    720円   (貸方)現金    720円

借方と貸方の金額が一致していることも確認して下さいね。

このようにして、取引の全てを仕訳で計上し、それを貸借対照表、損益計算書に集計していきます。

 例えば、ある時点の貸借対照表、損益計算書が以下のようだったとします。

PL-BS point

 

ここに、まずは(例1)の仕訳

(借方)現金    1,000円   (貸方)売上    1,000円

が加わることで、以下のようになります。

PL-BS point+journal1

 

次に(例2)の仕訳、

(借方)旅費交通費    720円   (貸方)現金    720円

が加わります。

PL-BS point+journal2

 

現金は貸方に仕訳を計上していますので、貸借対照表では借方に計上される現金を減らしていることに注意してください。

以上のように、会計期間に行われた全ての取引を仕訳で計上し、貸借対照表、損益計算表に仕訳を集めるということを繰り返していきます。

 

で、費用と資産の関連性って?

 これでようやく費用と資産の関連性の話ができます(お疲れ様です。長かったですね…)。

 (例2)の仕訳を見てください。

(借方)旅費交通費    720円   (貸方)現金    720円

 

これは、仕訳の説明で言ったように、取引の二面性を捉えて、

ウ)タクシー代として、旅費交通費が720円計上された
エ)タクシー代として、現金720円を支払った

を表現する仕訳と考えることもできますが、考え方によっては、

オ)現金を720円減らして
カ)旅費交通費に振替えた

と考えることもできます。

 

図で表すとこういった感じです。

PL-BS point+journal2-2

 

このことからわかるように、貸借対照表に計上される資産というのは、費用に変わる(振替えられる)可能性があるんですね。
(例2)の仕訳では、現金という資産が旅費交通費という費用に変わりました。

同様に、例えば車両運搬具という資産は減価償却費という費用に変わります。
車両運搬具や減価償却費という勘定科目の説明は、勘定ペディアのそれぞれの項目をご覧下さい。

資産と費用はこのように関連性があるため、どちらも借方(左側)に計上するのです。
資産と費用に関連性があることがわかれば「資産と費用は左側(他は右側)」というのもグッと覚えやすくなったのではないでしょうか?

勘定科目を借方に計上するか、貸方に計上するかということは、帳簿付けをしているうちに徐々に慣れてくると思いますので、仕訳で迷ったら是非この説明を思い出してください!

 

ビズバ!を運営する会計事務所シンシアでは一緒に働く仲間を募集しています!

以下のような職種で、メンバーをお迎えしたいと考えています(募集職種は時期により異なります)。


 


『幹部候補生』
経験をお持ちの方には、幹部候補生として活躍を期待しています。
「より専門性の高い業務に挑戦したい」「自らもプレイヤーとして活躍しつつ、マネジメントも将来的に行いたい」
幹部候補生に応募の方には部門長となって頂くことが可能です!


『税務会計スタッフ』
必ずしも、会計事務所での長期の実務経験が必要ではありません。社会人としての当たり前のマナーをお持ちの方、歓迎です。
組織をより強固にするためにも、人財採用と教育は不可欠。「お客様の笑顔を見たい」と思える人財を募集・育成します。


『会計補助スタッフ』
簿記の知識があり会計ソフトへの入力の経験がある方で扶養の範囲内で働きたい方、大歓迎です。
育児と仕事の両立を積極的に応援しておりますので、働く時間も御相談の上一緒に決定していきましょう。


ご応募・お問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。

ビズバ!ではお伝えしきれない、よりタイムリーな補助金・助成金・税制などのお得な情報や、資金調達に関する裏話などを、メルマガで配信しています。 メルマガ受信ご希望の方は、メールアドレスを入力してください!

コメント

Comments are closed.