仮払金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

使途や勘定科目、金額が確定していないものに対し、一時的な概算払いをそれらが確定するまでの間処理する勘定です。

消費税法上の課税区分

対象外(不課税)

代表的な仕訳例

  • 出張の旅費を概算で30,000円、従業員に現金で渡した。

(借)仮払金 30,000

(貸)現金 30,000

 

  • 出張が終わり金額が25,000円で確定した報告を従業員から受け、差額5,000円は現金で戻された。

(借)旅費交通費 25,000
(借)現金      5,000

(貸)仮払金 30,000

注意点

仮払金はあくまでも一時的に処理する勘定科目ですので、管理を徹底し、早期に精算処理することが望ましいです。

「勘定ペディア」目次に戻る