小口現金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

現金は預金とは異なり社内の金庫等に保管したり、小切手を振り出すことが多いですが、立替経費の精算など少額なものにまで金庫の開閉をしていては煩雑ですし、盗難・紛失等のリスクも高まります。

そのため、小口現金の担当者に若干の現金を前渡しし、そのような小口の経費の支払いにあてます。この前渡した現金を処理する勘定が小口現金勘定です。

消費税法上の課税区分

対象外(不課税)

代表的な仕訳例

  • 小口現金担当者から今月分の支払額が1,200円である報告を受けた。

(借)経費 1,200

(貸)小口現金 1,000,000

 

  • その後月末になり、小口現金を定額の3,000円まで補充した。

(借)小口現金 3,000

(貸)現金 3,000

 

注意点

小口現金の補給方法には定額資金前渡制度(インプレスト・システム)と臨時補給制度の2つの方法があります。

定額資金前渡制度とは一定期間の必要経費見積額を定め、月初または月末に定額まで補給する方法です。

臨時補給制度とは必要に応じて適当額を補給する方法です。支払実績額を補給する方法も含まれます。

「勘定ペディア」目次に戻る