固定資産売却益

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

有形固定資産の売却によって生じた利益および売却の際に要した費用(売却益から控除)を処理する勘定科目です。

なお、固定資産を無償または低額で譲り受けた場合には、受贈益勘定で処理します。

消費税法上の課税区分

対象外(不課税)(消費税は売却益自体ではなく、 売却代金にかかる)

 

代表的な仕訳例

  • 帳簿価額1,000,000の車両(取得価額1,500,000円、減価償却累計額500,000円)を1,200,000円で売却し、売却代金は普通預金口座に振り込まれた。

(借)普通預金    1,200,000
(借)減価償却累計額 500,000

(貸)車両運搬具   1,500,000
(貸)固定資産売却益 200,000

 

注意点

固定資産売却益は通常、特別利益に表示される勘定科目ですが、固定資産の売却が経常的な場合(例えば、運送業などで毎期多くの車両運搬具の買換えが行われるなど)には、営業外収益に表示します。

「勘定ペディア」目次に戻る