前受金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

主たる営業取引で、商品や製品の引き渡し前や、サービスを提供する前に、手付金等を受け取った場合に、その受取金を処理する勘定科目です。

消費税法上の課税区分

対象外(不課税)

代表的な仕訳例

  • 商品販売の手付金として現金100,000円を受け取った。

(借)現金 100,000

(貸)前受金 100,000

 

  • その後、商品300,000円を販売し、代金は上記前受け金と残額は現金で受け取った。

(借)前受金 100,000
(借)現金  200,000

(貸)売上 300,000

注意点

建設業を営んでいる場合の手付金は未成工事受入金勘定を使用して処理します。

 

「勘定ペディア」目次に戻る