未払費用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

継続してサービスを受ける場合に、すでにサービスの提供は受けているが、まだ代金の支払いが終わっていない場合の債務を処理する勘定科目です。

消費税法上の課税区分

対象外(不課税)

代表的な仕訳例

  • 短期借入金の利息100,000円が未払いである。

(借)支払利息 100,000

(貸)未払費用 100,000

 

  • 翌期に、上記借入金の元本2,000,000円と上記利息と前期末から当月の支払日までの利息150,000円が合わせて普通預金口座から引き落とされた。

(借)未払費用    10,000
(借)支払利息     150,000
(借)短期借入金 2,000,000

(貸)普通預金 2,160,000

注意点

未払金勘定との違いが大切です。

未払費用は支払利息や賃借料のように、一定期間継続的にサービスを受けており、支払日がまだ来ていないものについて処理する勘定科目です。
一方、未払金は継続的な取引でない物品の購入やサービスの提供を受けた場合の債務を処理する勘定科目です。

実務的には費用になるものは未払費用勘定で処理し、それ以外を未払金で処理すれば良いでしょう。

「勘定ペディア」目次に戻る

SNSでもご購読できます。

ビズバ!ではお伝えしきれない、よりタイムリーな補助金・助成金・税制などのお得な情報や、資金調達に関する裏話などを、メルマガで配信しています。 メルマガ受信ご希望の方は、メールアドレスを入力してください!

コメント

コメントを残す

*