未収収益

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

継続的なサービスについて、すでにサービスの提供は行われているものの、まだ代金を回収していない場合にその債権を処理する勘定です。

消費税法上の課税区分

対象外(不課税)

代表的な仕訳例

  • 期末となり、貸付金に対する未収利息20,000円を計上した。

(借)未収収益 20,000

(貸)受取利息 20,000

 

  • 翌期首に上記未収収益の洗替処理をした。

(借)受取利息 20,000

(貸)未収収益 20,000

注意点

期末に計上した未収収益は、翌期首に洗い替えすることで適切な期間損益計算を達成することができます。

「勘定ペディア」目次に戻る

SNSでもご購読できます。

ビズバ!ではお伝えしきれない、よりタイムリーな補助金・助成金・税制などのお得な情報や、資金調達に関する裏話などを、メルマガで配信しています。 メルマガ受信ご希望の方は、メールアドレスを入力してください!

コメント

コメントを残す

*