元入金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

個人事業主が事業を行うための元手を表し、会社の資本金に該当します。

資本金との違いは、元入金は利益の変動によって増減するということです。元入金は以下の計算式により残額が確定します。
翌期首元入金=前期末元入金+青色申告特別控除前利益+事業主借事業主貸

消費税法上の課税区分

対象外(不課税)

代表的な仕訳例

  • 個人事業を始めるにあたり、厳禁1,000,000円を普通預金口座に入金した。

(借)普通預金 1,000,000

(貸)元入金   1,000,000

 

  • 期首に事業主貸400,000円と事業主借100,000円を相殺して元入金に振り替えた。

(借)事業主借 100,000
(借)元入金  300,000

(貸)事業主貸 400,000

注意点

元入金は利益の変動により増減するため、会社でいう資本金、準備金、剰余金を表しているとも言えます。

「勘定ペディア」目次に戻る

SNSでもご購読できます。

ビズバ!ではお伝えしきれない、よりタイムリーな補助金・助成金・税制などのお得な情報や、資金調達に関する裏話などを、メルマガで配信しています。 メルマガ受信ご希望の方は、メールアドレスを入力してください!

コメント

コメントを残す

*