「勘定ペディア」目次

勘定ペディアは事業を行う上で使用する主な勘定科目とその説明、さらに主な取引や仕訳についての百科事典です。

随時更新中です。(さらに詳しい解説がほしい勘定科目はコメント欄にコメント下さい)

続きを読む

ベンチャー企業と個人投資家の救世主、エンジェル税制とは?

エンジェル税制 

エンジェル税制とは

皆さんは「エンジェル税制」とう言葉を聞いたことがあるでしょうか?
ここでいう「エンジェル」とは、創業間もないベンチャー企業に対し投資する個人のことを指します。
もちろん、エンジェルとなるのに資格などは必要なく、ベンチャー企業に投資する個人であれば誰でもエンジェルと呼ばれます。
エンジェルという用語は、英国で演劇事業に資金供給する富裕な個人を表現した言葉に由来するらしいのですが、資金に乏しいベンチャー企業にとって、投資をしてくれる人はまさに「天使」といえる存在でしょう。

そして「エンジェル税制」とは、ベンチャー企業への投資を促進するために、エンジェルに対して税制上の優遇措置を行う制度です。
税制面から個人投資家を支援すれば、彼らが積極的にベンチャー企業へ投資するようになり、それによって起業が促進されたり生まれて間もないベンチャー企業を支える環境ができ、我が国の産業の新陳代謝を促すことでイノベーションを促進し、国際的な競争力を増していこうという、風が吹けば桶屋が儲かる的な趣旨の制度なのです。

本稿ではこのエンジェル税制について、減税額はもちろん、手続きについても詳細に解説いたします。

続きを読む

クラウドファンディングの5つの機能とその税金を徹底解説!

クラウドファンディング

クラウドファンディングとは

皆さんは、「クラウドファンディング」という新しい資金調達方法をご存知でしょうか?

クラウドファンディングというのは、「不特定多数の人がインターネット経由で、他の人たちや組織に資金の提供や協力などをすること」と定義されるようです。
クラウド(crowd)つまり「群衆」から資金調達するという意味ですね。
そして、このクラウドファンディングを運営している事業体を「クラウドファンディング・プラットフォーム」と呼んだりします。

では、このクラウドファンディングがこれまでの資金調達方法と違う点はどこなのでしょうか?

本稿では、クラウドファンディングの5つの機能の説明と税務上の注意点を解説することで、クラウドファンディングの実態に迫っていきたいと思います。

  続きを読む

アイデアのつくり方 5つのステップとある1つのストーリー

ノートとペン

アイデアはどのようにして生まれるのか?

あなたのそばにも「なぜ、あの人は新しい発想を次々と思いつくのだろう?」と思うようなアイデアマンがいるのではないでしょうか?
そして「自由自在に新しい発想やアイデアが生まれれば…」とも思っているのでは?

今回は、この「アイデア」がどのように生まれるのかについて重要な提言をしているある2人の人物を紹介し、彼らの方法論をあなたのビジネスにも活かしていただければと思います。

その2人とは、『アイデアのつくり方』の著者ジェームス・W・ヤングと『イノベーションのアイデアを生み出す七つの法則』の著者スティーブン・ジョンソンです。

本稿の前段では彼らの提言するアイデア発想プロセスを考察します。
そして後段では、あるティーンエイジャーがそのアイデアで世界を大きく変えたストーリーを紹介し、彼のアイデア誕生の過程がヤングとジョンソンの方法論とぴったりと一致していることを示してみたいと思います。

ヤングとジョンソンの方法論は一朝一夕にアイデアを手にする方法ではないかもしれません。しかし、今後のあなたの人生において大きなヒントを与えてくれるでしょう。

続きを読む

見たままやるだけ!ふるさと納税の確定申告方法!

確定申告の画像

※ふるさと納税を無料で体験できるイベント、第1回「みんなのふるさと納税」を開催しました!
イベントレポートはこちら

ついに最終章「確定申告編」!

えー。長々と説明して参りました「ふるさと納税」ですが、ようやく最終章「確定申告編」であります。

前回言ったように個人事業主の方など、ワンストップ特例制度を利用できない方は確定申告が必要ですよ。
裏を返せば、ワンストップ特例制度を利用できる方は、確定申告不要です。
ワンストップ特例制度については「メリット・デメリット編」をご確認くださいね。

この「確定申告編」の記事を見ながらその通りにやるだけで確定申告を終えることができますので、安心してくださいね。

【目次】
メリット・デメリット編
限度額編
申込編
・確定申告編(本稿)

確定申告は国税庁の『確定申告書等作成コーナー』を利用するのが一番簡単にできると思いますので、本稿ではこの『確定申告書等作成コーナー』による確定申告方法をご説明します。

では早速、具体的な確定申告方法を見ていきましょう!

なお、サラリーマンの方で6箇所以上に寄附をしワンストップ特例制度を利用できない方は、斜体文字の部分を適宜参照してください。

  続きを読む

ふるさと納税の申し込みの3ステップとワンストップ特例制度

倉敷市

※ふるさと納税を無料で体験できるイベント、第1回「みんなのふるさと納税」を開催しました!
イベントレポートはこちら

いよいよお楽しみ申込編!

 さて、前々回のメリット・デメリット編に続き、前回の限度額編でご自身の限度額が計算できたと思います。

後はこの限度額の範囲内で、寄附先を選んで寄附を行い、確定申告をするのみですよ!
それにより2,000円の自己負担だけで各地の特産品をゲットできちゃいます。

今回はこの申し込みについてご説明いたします。

延べ94万人が利用!税制改正で益々お得なふるさと納税を今年こそ使い倒す!

【目次】
メリット・デメリット編
限度額編
・申込編(本稿)
確定申告編

それでは早速、ふるさと納税の申込手順、溢れるよだれを拭いながらいってみましょー!

  続きを読む

2015年3月26日Thu.【シンシア】×【MFクラウド】セミナー@八丁堀

MFクラウド×シンシアセミナー

※本セミナーは終了しました。

来る3/26㈭15時、会計事務所シンシア主催にて、クラウド会計ソフトである【MFクラウド】を活用した財務&経営戦略セミナーを開催いたします!

①日々進化するクラウド会計を活用し、企業の成長につなげる方法
②改正されるスキャナ保存制度によるペーパーレス化の解説

以上2つを軸とします!

ぜひ皆様お誘いあわせの上、ご参加ください!!

続きを読む

税理士いらず?!ふるさと納税の限度額計算を徹底解説!

 ふるさと納税の特産品

※ふるさと納税を無料で体験できるイベント、第1回「みんなのふるさと納税」を開催しました!
イベントレポートはこちら

ふるさと納税の山場 限度額計算

前回の「メリット・デメリット編」より、先日発表された『平成27年度税制改正大綱』(以下、単に「27年度改正」という)で益々お得になったふるさと納税について説明しています。

前回はふるさと納税のメリット・デメリットを解説しましたので、今回はふるさと納税の限度額、すなわちいくらまで寄附をすることができるかについて説明したいと思います!

「ふるさと納税=地方自治体への寄附」ということは前回お話したとおりですので、「ふるさと納税の限度額=寄附金控除の限度額」ということですよ。

限度額が大きい人ほど寄附をたくさんすることができ、特産品もいっぱいゲットできますよ。

続きを読む

税制改正で益々お得に!ふるさと納税のメリットとデメリット

田舎の画像

※ふるさと納税を無料で体験できるイベント、第1回「みんなのふるさと納税」を開催しました!
イベントレポートはこちら

ふるさと納税 知ってますか?

突然ですが、皆さんは「ふるさと納税」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「ふるさと納税、なにそれ美味しいの?」って方から、「聞いたことはあるけど、確定申告が必要なんでしょ」という方までいらっしゃると思います。

結論から申しますと、「ふるさと納税、めちゃくちゃ美味しい」です。
節税的にも、グルメ的にもとっても美味しい制度なんです!

ふるさと納税は平成21年度からスタートし、平成24年度からの自己負担額の引き下げを受け、これまでの利用者数は延べ94万人、寄附額9,800万円を超えることとなりました。

また、後述するように、先日発表された『平成27年度税制改正大綱』により、ふるさと納税を使って節税できる額がこれまでの2倍にアップすることとなりました。

本日は、メリットの多い節税法としてメジャーになりつつあるふるさと納税についてご説明します。

税金の話だと身構える必要はありませんよ。
この連載を読み終わった頃には、あなたも立派な「ふるさとノウゼラー」になっています。

続きを読む