ストレスチェック制度とは?社労士がキホンのキを解説!

ストレスチェック第1回表紙

マイナンバー対策が一段落した感のあるこの頃、企業の人事・総務部門はストレスチェック制度の対応に追われているようです。

しかし、やみくもに対応しても手間が増えるばかりで有効ではありませんよね。

そこで、ビズバ!では、みやた社労士事務所の宮田享子先生にストレスチェック制度のキホンを聞いてきました!

まずは本稿を参考にして、この制度について正しく理解しておきましょう!

続きを読む

マイホーム建て替え予定なら不動産を使った相続税対策もお忘れなく!

マイホーム建て替え予定なら相続税対策もお忘れなく!

タワーマンションを使った節税策に一定の歯止めがかけられるのではと話題になっています。

2015年から相続税が増税され、不動産を使った相続税対策はさらに重要になってきていますが、金額が大きいだけに、まっとうなやり方をしないとダメージも大きくなります。

本稿では、不動産を使った相続税対策について解説していきたいと思います。これからマイホームを建て替えるという方も必見ですよ!

続きを読む

27年度ものづくり補助金公募要領が発表!去年との違いは?

ものづくり補助金

先日(2016年2月5日)ついに、平成27年度補正「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金(以下、ものづくり補助金)」の公募要領が発表されました。

毎年、多くの企業が採択を勝ち取っている、この補助金。今年こそはと狙っている方も多いのでは?

そこで今回は、この平成27年度補正予算のものづくり補助金と、去年26年度のものづくり補助金の公募要領を比べて、変更された部分を解説していきたいと思います。

去年からのリベンジ組は、是非本稿を参考に採択を勝ち取ってください!

 

続きを読む

ものづくり補助金で採択を勝ち取るためのチェックポイント10個!とオマケ(省エネ設備導入補助金)

ものづくり補助金

1月20日、平成27年度補正予算が参院本会議で可決・成立し、補助金周りがあわただしくなってきました。

経済産業省から公表された「平成27年度補正予算の概要」には38枚のスライドでさまざまな事業が紹介されています。

そのほとんどが、何らかの補助金をもらえるものですので、ご自身の事業で申請できそうなものがないか、必ず一度は目を通しておくことをお勧めします。

 

今回は、その中でも注目度の高い「ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金)」と「省エネ設備導入補助金(中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業)」について、ご説明いたします。

ものづくり補助金については、この記事が簡単なチェックシートの役割も果たすと思いますので、採択可能性を評価するのにお役立てください。

また、省エネ設備導入補助金は、補助金といっても助成金のような性格があり、要件を満たせばほぼ100%補助されるというものです。

(補助金と助成金の違いについては「平成27年度補正予算「ものづくり補助金」事前予告公表!」をご覧ください)

どちらもとってもお得な補助金ですので、お見逃しのないように!

続きを読む

償却資産税とは?税額や納期をわかりやすく解説します。

償却資産税

皆さん、「固定資産税」という言葉は聞いたことがありますか?

固定資産税とは、土地や家屋を所有している場合に課税される市町村税(東京都23区内では都税)です。

つまり宅地や住家はもちろん、田んぼや工場などを持っている場合には、固定資産税を納付しなければなりません。

そして実は、固定資産税は土地や家屋だけではなく、機械や備品、構築物など、いわゆる償却資産にも課されます。

土地や家屋に課される固定資産税と分ける意味で、償却資産にかかる固定資産税は「償却資産税」と呼ばれることもあります。

今回はこの償却資産税について解説したいと思います。

  続きを読む

平成27年度補正予算「ものづくり補助金」事前予告公表!

平成27年度補正予算ものづくり補助金

皆様、あけましておめでとうございます。今年もビズバ!をよろしくお願いいたします。

さて、今回は昨年末より話題になっている、平成27年度補正予算ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金)についての説明をしてみたいと思います。

そもそも補助金って何?という方にもできるだけわかりやすく説明していきますので、是非ご参考にしてください!

続きを読む

2015年 ビズバ!人気記事ランキングと読んでほしい記事たち

ビズバ!2015年ランキング

いよいよ年の瀬ですね。4月にビズバ!がスタートしてから9カ月がたちました。

2015年を振り返る意味で、ビズバ!で人気のあった記事をカテゴリー別にランキングしてみたいと思います。

また、ランキングには入らなかったけど、皆さんに読んでほしい記事たちも一緒に紹介しますので、是非ご覧ください!

続きを読む

マイナンバー 個人番号カードで出来る事と交付申請の方法

マイナンバー 個人番号カードでできることと交付申請の方法

マイナンバー通知カードはもう届いたでしょうか?

各所へマイナンバーを提示する必要がある場合、この通知カードに記載された番号を提示することになります。

ただし、マイナンバーは多くの個人情報と紐づいていますので、提示すべき場面かどうかをよく考えましょう。

詳しくは、「マイナンバー通知カードが届いたらやることと、やっちゃいけないこと」をご覧下さい。

しかし、実はマイナンバーの提示はこの通知カードだけではダメなのです。

確かに通知カードにはマイナンバーが記載されているので、番号確認はできます。しかし、ある人が通知カードを提示したとしても、なりすましの可能性がゼロではないですよね。

そのため通知カードの他に、免許証などの身元確認のできるものを一緒に提出する必要があるのです。
免許証には顔写真がついていますので、その写真と通知カードを提示した人の顔を見比べることで、なりすましでないことを確認するのです。

番号確認と身元確認の両方ができたことで、マイナンバーが本人のものであることを確かめる本人確認ができるのです。

しかしこれではちょっと不便ですよね。

そこで、一つのカードで本人確認(つまり番号確認と身元確認)ができるものが、今回お話しする「個人番号カード」です。

続きを読む

企業版ふるさと納税の政府案がついに明らかに!

企業版ふるさと納税

今年6月、菅官房長官が秋田市で行った講演で、検討を進めていることを明らかにした「企業版ふるさと納税」ですが、ついにその政府案が明らかとなりました。

もちろんまだ「案」ですので、これで決定というわけではないのですが、今後、与党での議論を経て、2016年度税制改正大綱に盛り込まれることになります。

個人版のふるさと納税より大きなインパクトのありそうな制度ですので、少し先取りではありますが、この政府案について解説してみたいと思います。

続きを読む

税制適格ストックオプションのメリットとその要件とは?

税制適格ストックオプション

皆さんはストックオプションという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

もし聞いたことがなければ、新株予約権という言葉はどうでしょうか?

企業会計基準委員会の「ストック・オプション等に関する会計基準」によれば、それぞれ以下のように定義されています。

「ストック・オプション」とは、自社株式オプションのうち、特に企業がその従業員等に、報酬として付与するものをいう。
ストック・オプションには、権利行使により対象となる株式を取得することができるというストック・オプション本来の権利を獲得することにつき条件が付されているものが多い。
当該権利の確定についての条件には、勤務条件や業績条件がある。

そして、同会計基準では自社株式オプションとは以下のように定義されています。

「自社株式オプション」とは、自社の株式を原資産とするコール・オプション(一定の金額の支払により、原資産である自社の株式を取得する権利)をいう。新株予約権はこれに該当する。

一方、新株予約権の定義は会社法2条にあります。

新株予約権 株式会社に対して行使することにより当該株式会社の株式の交付を受けることができる権利をいう。

これらをあわせて考えると、以下のような関係になります。

続きを読む