官公需法・地域資源法改正でベンチャーと地方企業に追い風か?!

官公需法・地域資源法改正でベンチャーと地方企業に追い風か?!

2015年8月10日「官公需についての中小企業者の受注の確保に関する法律等の一部を改正する法律(以下、中小企業需要創生法)」が施行されました。

これは、官公需法(官公需についての中小企業者の受注の確保に関する法律)と地域資源法(中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律)について、中小企業・小規模事業者に対する需要の掘り起こし、および、地方創生に向けた取り組みの強化を図る改正のために制定された法律です。

この中小企業需要創生法により、ベンチャー企業や地方企業には多くのチャンスが訪れるかもしれません。

続きを読む

「商品売買」-ゆうちゃんと木村パイセンの簿記講座 第4回

ゆうちゃんと木村パイセンの簿記講座

木村パイセン
それじゃあ、今日は、これまで延び延びになってた商品売買について勉強しよう。
ゆうちゃん
商品売買ってことは、「仕訳のしかた」の時にやったように、カフェギャングでコーヒーを売った場合とかだよね?
木村パイセン
そうそう。その時の仕訳を覚えてる?
ゆうちゃん
うん。コーヒーを売って現金を受け取ったときの仕訳はこうだったよね。

続きを読む

27年度電子帳簿保存法改正でペーパーレス化が加速か?!

電子帳簿保存法

平成27年度の税制改正により電子帳簿保存法が大幅に要件緩和され、企業のペーパーレス化が一気に進む可能性がでてきました。

これまで紙でやり取りしていた契約書、見積書、領収書などがデータで保存可能となれば、紙をファイリングする労力や保管スペースを削除できますし、保存している書類の中から該当のものを検索することも容易になるでしょう。

本稿ではこの改正電子帳簿保存法につき解説し、企業がペーパーレス化を推進していく足がかりにしていただければと思います。

続きを読む

保存版-会社設立の流れと必要書類を徹底解説!

会社設立手順

2006年5月、新しい会社法が施行され、「資本金が1円でも会社を設立できる!」と話題になったのを覚えている方も多いと思います。
この時は「1円」というキャッチ―なキーワードのみが注目されましたが、新会社法によってその他にも会社設立が容易になった点が多くあります。

そこで、今回は改めて、実際に会社を設立するにはどのようなステップで行えばよいのか、必要書類をどのように作成するのかについて、詳細に説明したいと思います。
是非、この記事を参考に、会社設立にチャレンジしてみてください!

続きを読む

飲食店を開業するならチェックしたいサービス15選+α

飲食店開業サービス

飲食店を開業する際には、内装工事や食器などイニシャルコストが膨らむケースが多いですよね。だからこそ、ランニングコストはなるべく低く抑えたいもの。 今回は飲食店経営に必須のサービスの中から、なるべく安価に導入できるサービスをまとめて紹介いたします。 是非参考にしてみてください! 続きを読む

事業者必見!従業員や取引先のマイナンバーへの対応まとめ

 

マイナンバー取得方法

事業者の皆さん、マイナンバー制度への対応進んでますか?

いよいよ制度開始が目前に迫ってきたマイナンバー制度。ビズバ!でもこれまで個人の方むけに「取扱注意!ほんとは怖いマイナンバーの話」という記事や、事業者の方むけには「超速報!マイナンバー制開始で200万の罰金の可能性も!」という記事をお届けしてきました。

しかし、まだ多くの企業ではマイナンバーの管理・運用方針についてどこから手をつければ良いか迷っていることでしょう。日本商工会議所が2015年3~5月に行った「マイナンバー対応状況に関する調査」でも、マイナンバー制度への対応について、「すでに取り組んでいる」はと回答した企業は3%に留まっているようです。

そこで、まずは、マイナンバー制度において事業者の方が従業員や顧客からマイナンバーを入手する際に注意しなければならない点についてご説明します。

また、記事の最後には、事業者の方が入手したマイナンバーを管理・運用する際に参考となる政府等から公表されているガイドラインをまとめてありますので、こちらもご参考の上、マイナンバー制度開始に向け準備を進めてください!

続きを読む

「仕訳と財務諸表のつながり」-ゆうちゃんと木村パイセンの簿記講座 第3回

ゆうちゃんと木村パイセンの簿記講座

仕訳と財務諸表のつながりを理解しよう!

木村パイセン
今回は商品売買について色んなタイプの仕訳について勉強してみようと思ってたんだけど、前回ゆうちゃんが強引に終わらせちゃって、仕訳と財務諸表とのつながりを解説できなかったから、商品売買はまた次回にします。
ゆうちゃん
ごめんごめん。 ちょっと予定があってさ。怒ってる?
木村パイセン
仕訳と財務諸表とのつながりを確認するために、ある時点の貸借対照表、損益計算書を用意しました。

ある時点のBSとPL

続きを読む

特定支出控除でサラリーマンのスーツも経費になる!のか?

特定支出控除

給与所得者の特定支出控除とは

暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
さて、本日は「サラリーマンに朗報!」などと巷でもてはやされている、給与所得者の特定支出控除について解説してみたいと思います。

聞いたことありますか?給与所得者の特定支出控除。
これは、給与所得者、つまりサラリーマンなどの方が、ある条件に該当する支出をした場合、その一年間の合計額が給与所得控除額の1/2(最高125万円)を超える場合に、その超える部分の金額を給与所得控除後の給与等の金額から控除できるという制度です。
この控除できる可能性のある支出のことを特定支出と言うのですね。

続きを読む

会社が死ぬときにあなたができること。解散・清算そして休眠

会社が死ぬとき

会社が死ぬとき

会社法が改正され最低資本金制度が撤廃されたことにより、以前より簡単に会社を設立することができるようになりました。
会社設立が低コストでできるようになったことは、最低限の製品やサービスで市場やユーザーの反応を確認し、仮説の構築と検証を短いサイクルで繰り返しながらニーズを探り当てていくリーン・スタートアップの手法を実践しやすくなったとも言えるでしょう。
ビジネスにおいては、何が成功し、何が失敗するのかを予測するのは困難ですので、まずは小さくスタートし、軌道に乗ってきた事業に徐々に注力していくというのも戦略の一つです。

一方で、会社設立のハードルが下がるということは、市場から追い出される会社も増えることを意味します。 営利企業は市場でしか生きていけませんので、会社が市場から追い出されるということは、会社の死を意味します。

ちょっと暗い話ではありますが、本稿では会社が死ぬ際の手続き、いわば会社のお葬式について解説いたします。

なお、本稿において特に断りが無い場合、「会社」とは株式会社を指しています。

続きを読む

「仕訳のしかた」-ゆうちゃんと木村パイセンの簿記講座 第2回

ゆうちゃんと木村パイセンの簿記講座

仕訳をきってみよう!

木村パイセン
ゆうちゃん、こないだ話した内容は覚えてるかな?
ゆうちゃん
うーんと。だいたい忘れましたっ!
木村パイセン
え?前回の最後にあんなに完璧に覚えてたのに?!
ゆうちゃん
あれは、なんか口が勝手にというか…。

ぶっちゃけ、作者の都合だよ。

木村パイセン
ま、まあ、大切なのは資産、負債、純資産、費用、収益それぞれが、どの財務諸表に集められるかってことだから、これを思い出そう。

続きを読む