差入保証金(敷金・預託金)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

建物を借りる時に支払う敷金や保証金などや、リースの際の保証金、担保として差し入れた営業保証金を処理する勘定科目です。

 

消費税法上の課税区分

対象外(不課税)

代表的な仕訳例

  • オフィスを5年契約で借り、保証金300,000円を振り込んだ。保証金のうち10%は退去時に償却される契約である。

(借)差入保証金 270,000
(借)権利金     30,000

(貸)普通預金 300,000

 

  • 上記契約満了により保証金が返却された。権利金の未償却残高はない。

(借)普通預金 270,000

(貸)差入保証金 270,000

注意点

敷金のうち、契約満了時に返還されない部分がある場合には権利金勘定で処理します。
権利金は税務上の繰延資産として5年で償却しますが、契約期間が5年未満、かつ契約更新の際に更新料を差し入れる場合には契約期間で償却します。

「勘定ペディア」目次に戻る

SNSでもご購読できます。

ビズバ!ではお伝えしきれない、よりタイムリーな補助金・助成金・税制などのお得な情報や、資金調達に関する裏話などを、メルマガで配信しています。 メルマガ受信ご希望の方は、メールアドレスを入力してください!

コメント

コメントを残す

*