商品券

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

商品券を発行した場合、後日、額面相当の商品を引き渡す義務が生じますので、負債として処理します。

商品券の発行は、前受け金の受取と同じですので、前受金勘定で処理しても構いません。

なお、他店の商品券を受け取った場合には他店商品券勘定(資産)で処理します。

消費税法上の課税区分

対象外(不課税)

代表的な仕訳例

  • 商品券1,000円を発行し、現金を受け取った。

(借)現金 1,000

(貸)商品券 1,000

 

  • 商品5,000円を売り上げ、代金は1,000円分の商品券と残額は現金で受け取った。

(借)商品券 1,000
(借)現金  4,000

(貸)売上 5,000

 

「勘定ペディア」目次に戻る