ソフトウェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

ソフトウェアとは、コンピュータを機能させるように指令を組み合わせて表現したプログラム等のことを言います。

その範囲は①コンピュータに一定の仕事を行わせるためのプログラムのほか、②システム仕様書、フローチャート等の関連文書を含みます。

自家制作のソフトウェアであれば、制作のための人件費、材料費、経費、使用するために要した費用を取得原価に含みます。

一方、他社から購入したソフトウェアは購入代金だけでなく設定や修正作業など使用するために要した費用を取得原価に含みます。

消費税法上の課税区分

課税取引

代表的な仕訳例

  • ソフトウェアを他社に開発を依頼し、開発費用4,000,000円を普通預金口座から支払った。

(借)ソフトウェア 4,000,000

(貸)普通預金 4,000,000

注意点

ソフトウェアの耐用年数は利用目的によって以下のようになっています。

  • 複写して販売するための原本⇒3年
  • 開発研究のためのもの⇒3年
  • その他(自社で業務用として使用するものなど)⇒5年

「勘定ペディア」目次に戻る