水道光熱費

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

事務所にかかる水道、電気、ガスの費用の総称です。

消費税法上の課税区分

課税

代表的な仕訳例

  • 店舗の水道料金として35,400円が普通預金口座から引き落とされた。

(借)水道光熱費 35,400

(貸)普通預金  35,400

 

  • 自宅兼事務所の電気代として現金にて20,000円を支払った。なお事業経費割合は60%であると確認している。

(借)水道光熱費 12,000
(借)事業主貸   8,000

(貸)現金 20,000 

注意点

自宅兼事務所としている場合には、合理的な方法にて事業経費割合にて按分すること(経費の一部否認)が必要です。

 

「勘定ペディア」目次に戻る