車両費

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

車両費とは、自動車等でかかるガソリン代、オイル料金、自動車税、自動車保険料(強制保険・任意保険)、修繕費、車検費用など自動車の維持管理に関する費用をまとめて管理したい場合に使用する勘定科目をいいます。

車両費に、保険料、修繕費といった補助科目を作成して管理すると、便利です。
ただし、車両費科目を使用せず、たとえば、自動車税は租税公課、保険は保険料というように処理することもできます。

また、ガソリン代についても、旅費交通費、消耗品費、車両費など、いずれの勘定科目を用いて処理してもいいですが、一度用いた勘定科目は以後同一の勘定科目で処理する必要があります。

なお、金額的に重要な費用であれば、燃料費といった科目を独立させて管理することも可能です。

ただし、こうした場合、自動車の維持管理に関する費用が多くの項目に分かれしまい、全体の把握が困難となることに注意しましょう。

消費税法上の課税区分

課税
(自動車税等は不課税、保険料等は非課税)

代表的な仕訳例

  • ガソリン代5,000円を支払った。

(借)車両費 5,000

(貸)現金  5,000

 

注意点

個人事業主で自動車を事業用として使用している場合、ガソリン代などを支払ったときは、家事按分をします。
事業で使用する部分を車両費勘定などを使用して経費に計上し、個人で使用する部分は事業主貸勘定で処理をします。

「勘定ペディア」目次に戻る

SNSでもご購読できます。

ビズバ!ではお伝えしきれない、よりタイムリーな補助金・助成金・税制などのお得な情報や、資金調達に関する裏話などを、メルマガで配信しています。 メルマガ受信ご希望の方は、メールアドレスを入力してください!