手形売却損

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

満期前の手形を第三者へ裏書譲渡し、満期日までの利息に相当する額や手数料を差し引いた金額で換金することを手形割引といいますが、この際に差引かれる利息相当額のことを手形割引料といい、手形売却損勘定で一時の損失として処理されます。

手形の割引による割引料は、以前は、実質的に手形を担保とした借入れの利息に当たるとみなされ支払利息割引料勘定で処理されていましたが、現在では手形売却損勘定で処理するのが一般的です。

 

消費税法上の課税区分

非課税仕入

 

代表的な仕訳例

  • 受取手形1,000,000円を銀行で割り引いてもらい、割引料20,000円を差し引かれた残額が普通預金へ入金された。

(借)普通預金  980,000
(借)手形売却損   20,000

(貸)受取手形 1,000,000

 

注意点

割引に回していた手形が不渡りとなった場合には、金融機関から即時の返済を求められます。すなわち手形割引は遡及義務が発生するということです。

「勘定ペディア」目次に戻る