土地

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

営業の用に供している土地を処理する勘定です。

土地とは、店舗・事務所・倉庫・工場用の土地のほか、社宅敷地、運動場、農園等の経営付属用の土地をいいます。

立退料等や当初から建物を取り壊して土地を利用する目的で購入した場合のもともと建っていた建物の簿価と取り壊し費用、整地費用などは取得原価に含めます。
一方、不動産取得税や登録免許税等は取得原価に算入してもしなくても良いです。

消費税法上の課税区分

非課税取引

代表的な仕訳例

  • 株主より土地(評価額10,000,000円)の現物出資を受け、全てを資本金とした。

(借)土地 10,000,000

(貸)資本金 10,000,000

 

  • 簿価5,000,000円(時価5,500,000円)の土地をA社所有の土地(時価6,000,000円)と交換し、交換差額を現金で支払った。

(借)土地 5,500,000

(貸)土地 5,000,000
(貸)現金    500,000

注意点

土地を売却した場合は、譲渡対価相当額が非課税売上になります。

不動産業者が販売目的のために所有している土地は棚卸資産として処理します。

投資を目的として所有される土地は、投資不動産として区別して処理します。

「勘定ペディア」目次に戻る