売上高

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

商品、製品の販売や役務(サービス)の提供など会社の主たる営業活動により得られた収益のことです。

売上高の計上時期は、①出荷基準(物品を出荷した時に計上する)、②納品基準(物品を相手方に引き渡した時に計上する)、③検収基準(相手方が物品の内容を確認した時に計上する)がありますが、継続して適用する必要があります。

 消費税法上の課税区分

課税・非課税・免税・対象外(不課税)

代表的な仕訳例

  • 商品を270,000円にて販売して、代金は掛けとして後日受け取ることにした。

(借)売掛金 270,000

(貸)売上高 270,000

 

  • 今月分の家賃として80,000円を入居者より現金にて回収した。

(借)現金 80,000

(貸)売上高 80,000

注意点

売上高の消費税区分では課税売上以外に、非課税売上(土地の譲渡など)、免税売上(海外への商品輸出売上など)、対象外売上(配当金の受取など)があるので注意しましょう。

 参考HP:国税庁
基本通達法人税法 棚卸資産の販売による収益
基本通達法人税法 請負による収益 

「勘定ペディア」目次に戻る

SNSでもご購読できます。

ビズバ!ではお伝えしきれない、よりタイムリーな補助金・助成金・税制などのお得な情報や、資金調達に関する裏話などを、メルマガで配信しています。 メルマガ受信ご希望の方は、メールアドレスを入力してください!

コメント

Comments are closed.