有価証券評価益

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

期末に保有する売買目的有価証券を時価評価した際に生じた利益を処理する勘定科目です。

消費税法上の課税区分

対象外(不課税)

 

代表的な仕訳例

  • 決算にあたり、帳簿価額1,000,000の有価証券を時価評価したところ、時価は1,200,000円であった。

(借)有価証券 200,000

(貸)有価証券評価益 200,000

 

注意点

また、有価証券の帳簿原価の算出方法には移動平均法と総平均法がありますが、税務署に評価方法の選択を届けていない場合は、移動平均法により算出します。

「勘定ペディア」目次に戻る